株式会社シアラ

仕事の環境は自分で選べる時代。Webエンジニアになって、自由に働こう。経験を積むことでプロジェクトマネージャーに。  |  シアラでITのプロになって、高収入を得ながら自己実現を目指しませんか?

株式会社シアラ

株式会社シアラ

バブみに隠れた自分本位

先ほどの記事の続きです!

過去の経験から、新人には優しくしようと思っていたWですが・・・。
最近、気づいたことがあるのです。

なんでもかんでも先輩に頼ろうとしてくる一部の社員さん!

あれ?説明したよね?
マニュアルに書いてあるよね?
「〜ですよね?」と逐一確認?

ちょっと厳しくしないといけないかも。と思っているところです。

勿論、レクチャーや報連相が必要な部分は言ってもらわないと困るわけなのですが、
それでも先輩たちが違和感を覚えているポイントは

「自分の不安な感情を解消するためだけに、人の時間を使っていないか」

ということです。

先輩から答えをもらうことで、安心したい・承認されたいのかもしれません。
ですが、それって会社で求めることでしょうか?

「すみません、今お時間よろしいですか?」という枕詞。
その言葉を使えばいいと思ってませんか?
本当に時間やタイミングを見計らっていますか?

瑣末な質問や個人の承認のための質問で
時間を搾取された相手はどう思うでしょうか?

自分本位に、不安を解消して〜❗️👶💥
自信のない自分を承認して〜❗️👶💥

というバブみ気分で仕事をするのは
社会人としてとっても恥ずかしいことです!

会社の上司・先輩は学校の先生や友達ではないので、
しっかり立場をわきまえて、お仕事に取り組むようにしましょう!

こうして小言のようにブログをしたためるに立場になって
ただ、優しいだけじゃダメだったんだ・・・ということや、
後輩のためを思って厳しく指摘するということの難しさに改めて気づかされる社員Wでした。

それでは、また!